ブログタイトル

屋根の劣化状態について…【縁切り】

 

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.
スタッフブログをご覧頂きありがとうございます!
市川市で外壁塗装をしているプロタイムズ市川行徳店です
市川市での外壁塗装は私達にお任せください(^^)
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

こんにちは!プロタイムズ市川行徳店の高木です。
8月下旬、月日が過ぎていくのが早いですね!

ブログ記事で御知らせさせて頂きます。
9月の頭に予定は開いてますか?
9月7日(土) 10:00~12:00
市川勤労福祉会館にて
塗り替えセミナー開催します!
受け付けは9:45からになります。

ご自宅の事でお悩みの方、今見積もり内容で悩んでいる方
是非、御参加ください!お待ちしてます。

さて、今回お話しさせていただくのは
セミナーでもお話しさせて頂いている
「縁切り」についてです!


*縁切りとは

スレート瓦の塗装をする際、排水をするために必須の作業です。
一般的なスレート瓦の場合、タスペーサーという道具を
使って作業を行います。
カッターや皮スキなどの道具を使用する従来の方法の縁切りは、
勾配が大きい屋根のお家や波型スレートなどの特殊な形状をした
スレート瓦の施工で行います。 

タスペーサーと言う道具は、スレート瓦の重なり部分に差し込んで
排水性を確保するために使用する縁切り部材のことです。
作業時間や費用を抑えられることから、一般的なスレート瓦に対しては
このタスペーサー設置による縁切りが主流となっています。

*縁切りを行わなかったら?
通常の状態なら雨が降ると、雨水がスレート瓦の突きつけ部分
から浸入し、上下の重なる部分から流れていく構造になっています。
縁切りを行わなかった場合、この雨水が排水されず中に溜まり続け
水が外に流れていかなくなってしまうのです。
これが後に雨漏りや凍害の原因になります。

※凍害は次回の記事でご紹介します…!

*どうやって対策すれば…?
セミナーでよく聞かれる質問です。既に塗装工事を行なっていて、
「縁切りがしっかりされているかどうか心配だ。」という方は、
まずは屋根の状態を確認してみましょう。ですが、上るのには危険が
伴いますので、工事をした塗装会社に見てもらうようお願いすることを
オススメします。

塗装会社の対応に不安が残るようであれば、
別の会社に見てもらって、第三者の立場からの意見を
もらうのも一つの手です。
その際は、建築士や、外装劣化診断士といった、有資格者に
見てもらうようにしましょう。

これから塗装工事を依頼する方は
契約をする前に縁切りの工程があるかどうかを、
見積書や工事のスケジュール表である工程表を
一緒に見ながら、必ず担当者に確認しましょう。



*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

最後までご覧頂きありがとうございました! 
わからないことが御座いましたらお気軽にご相談ください♫
市川市での外壁塗装はプロタイムズ市川行徳店で決まり!

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織