ブログタイトル

外壁の劣化状態について…【ピンホール】

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

スタッフブログをご覧頂きありがとうございます!
市川市で外壁塗装をしているプロタイムズ市川行徳店です
市川市での外壁塗装は私達にお任せください(^^)

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

こんにちは!プロタイムズ市川行徳店の高木です。
秋の気候が通り過ぎて冬になってきたのではないかと
勘違いしそうです。

さて、ブログ記事で申し訳ありませんが
再度、宣伝失礼します。

11月9日 13:00~15:00
行徳公民館にてセミナーを実施します!

詳細はリンクを貼りましたので
『塗り替えセミナー』
上記をクリックしてご覧ください。
御参加お待ちしてます!!


さて、今回の説明する内容は【ピンホール】についてです。



*ピンホールとは?

  

写真が見えずらいのですがプツプツと
小さな穴が空いてるのがピンホールです。

これは下地の調整不足や使用する塗料の状態、
又、塗料の希釈がメーカーの指定に
沿っていなかった時、等に発生します。

一般的にピンホールと呼ばれているものには、
大きく分けて2つの種類があります。

  1. 下地まで貫通している深い穴。
  2. 塗料に含まれている泡のはじけ跡が残ったもの。
小さな穴は一見同じように見えますが、 泡がはじけた跡は貫通しているわけではないため 耐久性に問題はありません。 塗料の泡がはじけたくぼみ(はじけた泡の跡)で 水性塗料を使用した際に起こり、 塗膜表層に発生します。 壁面に1個や2個ある程度でしたら塗膜の耐久性に 問題ありません。 ですが、壁全体に無数に発生 している状態は 耐久性を損なうので早めに対策を取りましょう。 *主な原因 ピンホールは塗装工事中に原因があります。
  • 下地に異物が付着していた。
  • 下地自体に小さな穴があった。
  • 塗料の粘度が高すぎた。
発生する原因として多いのは下地調整不足や 塗料の状態になります。塗料は半製品と呼ばれ、 壁に塗装してようやく完成するもの。 本来の性能を発揮させる事ができるかは、 塗装をする職人が下地の状態や塗料に応じて 適切な工事を行えるかにかかっているのです。 *もしあった場合は… まずは落ち着いて手元にある保証書を確認し 施工した業者に連絡をしましょう。 施工業者と話しをして、再塗装を行う等 手直しを依頼してください。 見つけた際に慌てて自分で治そうとすると 施工業者の保証が出来なくなってしまう 可能性があります。 発見した際は、現状を維持したまま 連絡を取り確認をしてください。 *最後に… ピンホールは一見すると針で突いた様な小さな穴 でしかありません。下地まで貫通すると内部に水分が浸透し 耐久性を損なっていきます。 最悪の場合、剥がれや耐久性の低下といった 塗膜の劣化につながっていきます。 ピンホールを見つけたら自分での補修を行おうとせず 施工業者に連絡を取り、工事保証書の内容を 確認してください。 *・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:. 最後までご覧頂きありがとうございました! わからないことが御座いましたらお気軽にご相談ください♫ 市川市での外壁塗装はプロタイムズ市川行徳店で決まり! *・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

外壁の劣化状態について…【色褪せ】

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

スタッフブログをご覧頂きありがとうございます!
市川市で外壁塗装をしているプロタイムズ市川行徳店です
市川市での外壁塗装は私達にお任せください(^^)

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

こんにちは!プロタイムズ市川行徳店の高木です。
雨が多くなり気温が下がり始めました。
この時期に風邪になる方が多いのではないでしょうか…
気を付けて行きましょう!

ブログ記事で御知らせさせて頂きます。

10月23日 10:00~16:00
行徳郵便局にて相談会を行います!

 是非御参加ください、お待ちしております!

 今回の記事の内容は「色褪せ」についてです。
 *色褪せとは
 建物の外壁が古く見えていたり、
 年季が入っている様に見える事に覚えはありませんか?
 それが色褪せです。


色褪せは見た目が良くないだけではなく
建物の塗膜全体の防水性が低下して
しているサインでもあります。

本来、塗膜は劣化要因である水の侵入を
防ぐ役割がありますが、塗膜の防水性が
低下してまっている状態では、建物内部に
水の侵入を許してしまう可能性があります。

また、色褪せは汚れとは違って清掃では
解決できないため塗装によって元の状態の
様にする必要があります。

新築または塗装して10年以上経過した建物に
色褪せが起こっている可能性が高いです。
*主な原因
太陽光に含まれる紫外線による色褪せが
代表的な原因です。
また紫外線の他に科学的な原因で色褪せて
しまう場合や酸性雨などの自然的な原因も
例としてあがりますので必ずしも紫外線が
絶対的原因という事はありません。
*どうすれば?
色褪せてしまった建物は塗装をする事で色褪せを
解消する事ができます。
塗料の耐久年数は使用する塗料製品や建物の位置に
よって劣化具合が変わってしまうため一概に塗装の時期が
同じと言うわけではありません。

紫外線などの自然現象で起こってしまう場合は
色褪せを避ける事は出来ません。
ですが、塗り替えの際に色褪せしにくい塗料を
選ぶことによって進行を遅らせることは可能です。

塗料には様々な機能がありますが塗料の
劣化が進行してくると、色褪せが起きてしまいます。
その為に選ぶ際は、耐候性の強い塗料を選ぶと良いでしょう。

 

*最後に…
お住まいに色褪せが見受けられたら
塗装を考える時期であると言えます。
まずは業者に相談してください。

色褪せの進行を遅くするために
色褪せしにくい色と機能がある塗料を選ぶ事を
お勧めします。
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.
最後までご覧頂きありがとうございました!
わからないことが御座いましたらお気軽にご相談ください♫
市川市での外壁塗装はプロタイムズ市川行徳店で決まり!
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

屋根・外壁の劣化について…【凍害】

 

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

スタッフブログをご覧頂きありがとうございます!
市川市で外壁塗装をしているプロタイムズ市川行徳店です
市川市での外壁塗装は私達にお任せください(^^)

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

こんにちは!プロタイムズ市川行徳店の高木です。
あまりこの地域で極稀に起こる劣化について
話させて頂こうと思います。

前回の記事で出ました『凍害』についてです!

*凍害とは
文字通り「凍ることにより発生するトラブル」です。
主に北海道地方や東北地方、北陸地方などの寒い地域で
よく起こる劣化症状で目には見えない程の小さな隙間から
雨が染み込んで、凍結と融解を繰り返すことでひび割れや
外壁表面が剥がれ落ちてしまいます。
窯業系サイディングの窓枠などのサッシまわり、
シーリングの隙間、外壁に発生している細かなひび割れなどで
発生しやすいと言われています。


*凍害が進行すると
凍害は、進行とともに、劣化状況が深刻になっていきます。
外壁に凍害が発生すると下記の順番で劣化症状が
進行してしまいます。
「①ポップアウト⇒②微細凍害⇒③スケーリング⇒④崩壊」
①ポップアウト
 コンクリートの表層に含まれる骨材粒子などが水分を
 含むことで 膨張し、破壊されることでできた表面の
 円錐状の剥離のことです。凍害の初期に現れる劣化症状です。

②微細凍害
 紋様や地図状のひび割れが発生する劣化症状です

③スケーリング
 表面が薄い欠片となり、剥離・剥落する劣化症状です。

④崩壊
 コンクリートが小さな塊となって崩れ落ちる劣化症状です。
 崩落が発生すると、建築材が剥き出しになり腐食や欠損が
 発生するため、建物にとって非常に危険な状態と
 なっていきます。


凍害による劣化症状を放置したままですと、ただ単に
「見た目が悪くなる」という問題だけではありません。
劣化した箇所から水分が建物内に浸入してしまうため、
建物の構造体が腐食し、内部に雨漏れが発生する
可能性もあります。


場合によっては、外壁の改修工事だけでなく、建物内部の
修繕工事が必要になることもあり、大規模な補修工事を
行う必要が出てきます。その分、塗装工事などと
比較すると高額な改修費用が必要になってしまいます。
早めの対策を取ることで、工事の費用を
抑えることができ、さらには建物の外観や内部構造を
守ることにも繋がるのです。

凍害が発生した場合の対処
凍害が生じた際には凍害の進行のレベルによって
「パテを使って部分補修を行う」「塗り替える」
「新しい外壁材に張り替える」と対策手段が変わって
きますので補修を依頼した業者の方とよく相談しましょう。

寒い地域でよく起こると明記しましたが
市川行徳店の周りも例外ではありません。
なにか劣化があるな、と気づいた際にはそのままにせず
業者の方に点検を依頼し、どのように対処するか話し合いを
してください。


*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

最後までご覧頂きありがとうございました! 
わからないことが御座いましたらお気軽にご相談ください♫
市川市での外壁塗装はプロタイムズ市川行徳店で決まり!

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.












 

1 / 212

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織