ブログタイトル

外壁の劣化状態について…【塗装膨れ】

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

 スタッフブログをご覧頂きありがとうございます!
 市川市で外壁塗装をしているプロタイムズ市川行徳店です
 市川市での外壁塗装は私達にお任せください(^^)

 *・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

台風多く雨続きの中、体調の方は皆さま大丈夫ですか?
職人たちと予定を確認してる時に雨が多くて
中々、工事が思うように進まないと話すことが
絶えないです。

こんにちは!プロタイムズ市川行徳店の高木です。

さて、今回の説明する内容は【塗装膨れ】についてです。



*塗膜膨れとは?
外壁の塗装表面に不自然な膨らみが
出ているのが塗装膨れです。
用意した写真で写ってる大きい
膨らみが全て塗膜膨れになります。

検索をかけてみると「ブリスター」の
単語をよく見かけると思いますが
内容は一緒です。


*主な原因
代表例として大きく2つ、
  • 水が入り込んでしまった
  • 中途半端に下地処理をしていた

等が例に上がります。他にも理由は多数ありますが基本的に
上記2つが 多いかと思います。

水が入り込んでしまった。
塗装の劣化で外壁にヒビが入ると、
そこから雨水が入り込み 下地と塗膜の間に
雨水が入り込む事で膨れが生じます。

この場合、膨れを破ると水が出てきまい
下地にダメージを与え続けて建材内部まで
水が浸入し雨漏りを起こす原因に
繋がってしまいます。

建材自体も腐食が加速し耐久性が著しく
低下するので 早めの修繕が必要になります。

中途半端に下地処理をしていた
下地を塗った後に乾燥しきっていないまま塗装をし、
中に空気が残ってしまった状態で夏の日差しなどで
下地から膨らむことがあります。
また、凹凸のある壁に塗装をした際も空気が残りやすいので
膨れが出来やすいです。

*もしあった場合は…
劣化しているのは確実なので早めに対処を取るために
信頼できる塗装業者さんに相談してください。

また、膨れの原因は使用した塗料の化学成分が
原因になる場合もあります。
再度、塗装を検討される方はそういった原因も
相談することを進めます。

*最後に…
前回のピーンホールもそうですが塗装面で
異常が見つかった際は、自身で解決せず
専門知識と資格がある業者に対応していただく事を
御勧めします。

今回の『塗膜膨れ』でお話しさせて頂いたのは
ほんの一部になりますのでまたの機会があれば
他の原因の膨れについてもお話しさせて頂こうかと
考えています。

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

最後までご覧頂きありがとうございました!
わからないことが御座いましたらお気軽にご相談ください♫
市川市での外壁塗装はプロタイムズ市川行徳店で決まり!

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織