ブログタイトル

外壁塗装の劣化状態について…【錆】

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

スタッフブログをご覧頂きありがとうございます!

プロタイムズ市川行徳店です。

市川市での外壁塗装は私達にお任せください(^^)

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

空気入れ替えの為にドアを開けますが
寒さには慣れません。

さて、今回の説明する内容は【】についてです。

屋根もしくは小屋等で使われるトタンに錆が
出ているのをよく見かけると思います。
その錆について今回書かせて頂きます。

*錆とは?

金属でできた、屋根や外壁等で赤い錆を見かけることがあると思います。
水と反応して鉄と酸素が結合した酸化鉄となりますが、
自然状態では三酸化鉄と呼ばれるものになり、赤い色をしています。
これが一般的に多く見られる錆です。

外壁ですと、金属系サイディングに起る劣化として
相談されることがあります。軽量で断熱に優れて
いますが表面が削れやすく凹み等の傷がつきやすいです。
また中には断熱材が無い物が有る為、物によっては
熱が伝わりやすい物もあります。

*主な原因

錆が発生する一番の原因は、水の影響です。
外壁塗装されたばかりの外壁は、塗料の防水効果に
よってサビが発生しにくい状態を保っています。

しかし、時間の経過によってその効果が弱まり、
雨が降ると外壁に水分が溜まりやすい状態となります。
防水性能が弱まった状態で鉄部が水の影響を受けるため、
錆ができるというわけです。
また、水だけではなく塩でも反応し錆が発生します。

例えとして海沿いに置いたまま放置されている
自転車や金属類には必ずと言っていい程、錆び
ついていると思われます。その現象と同じです。

*もしあった場合は…

金属製の屋根・外壁ですが基本的に軽量で
断熱性に優れた硬質ウレタンフォームを使っています。
デメリットを上記に書きましたが全てが悪いと言う
わけではありません。
天候によって劣化が早くなってしまうもの。
もし錆びていると気づきましたら、身近の外壁塗装店に
相談することをお勧めします。

錆の対処としてはある程度高圧洗浄で落とした後に
更にケレン作業で錆を落としてから錆止め剤を塗布し
棟板金の補修、縁切りと言う流れになります。

金属製の屋根外壁を塗装した方でせっかく塗装してもらったのに
同じ所に錆が出てしまっているという方がいたら
初めのケレン作業で落としきれずそのまま錆止め剤を
塗布してしまった可能性があります。

その場合は施工依頼をした業者に報告して再度
施工して頂く必要があります。

もし初めてのメンテナンスを依頼する場合は
錆が広がり穴が広がり雨漏りの原因になる前に
早めに業者に相談しましょう。

*最後に…

金属製の屋根外壁はデザインが良いものが多く
軽量で耐久性にも優れています。
ですが金属製なので他の屋根外壁材よりこまめに
様子を見て錆等の問題を早めに見つけてあげてください。

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

最後までご覧頂きありがとうございました!

わからないことが御座いましたらお気軽にご相談ください♫

市川市での外壁塗装はプロタイムズ市川行徳店で決まり!

*・*・*・*・*・*・*・*・*・

↓対応可能エリア↓

千葉県市川市内
行徳・南行徳・福栄・末広・妙典
八幡・富浜・塩焼・河原・下新宿
市川南・本北方・鬼高・大洲・平田
大和田・鬼越・田尻・押切・伊勢宿
香取・湊新田・相之川・浦安・新井
日の出・入船

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織